すそわきがについて考える

困る女性そもそもすそわきがとは、デリケートゾーンエリアが、ワキガのような臭いを発してしまうということですが、これは本人にはなかなかわかりづらい症状です。普通はその部分に鼻を近づけて臭いを自ら嗅ぐことは不可能ですから本人は知らないままでいることがほとんどでしょう。しかし自分がすそわきがであるかどうか女性としてはやはりとても気になることだと思います。彼が知らないうちに不快な思いをしているかもしれないと思うだけでとても不安な気持ちになってしまうでしょう。

自分がすそわきがであるかどうかを知る方法は、いくつかありますがもっとも確実なのがティシュなどでデリケートゾーンを拭いてみてその臭いを嗅いでみることが一番の近道です。たいていすそわきがは脇の方のワキガを持っている人は、ほぼ間違いなく臭いがあるといわれています。それはアクポリン腺の分布数は脇とデリケートゾーンは同じくらい密集していて、いやなワキガ臭が発生しやすいという背景があります。ですから脇のワキガを持っている人は特にすそわきがについて気をつけておいたほうが良いと言えるのです。

一旦自分ですそわきがを持っていると確認した場合はどうすればよいのでしょうか。
簡単にすそわきがの対策方法をご紹介します。

まずワキガにも効果的なお出かけ用ワキ拭き濡れティシュで、トイレに行った時、デートの前などにこまめに拭いて清潔にすることが大切です。自分では気づかないうちにデリケートゾーンは汗をかいているので、その汗を放置しておくと細菌が増えてまい臭いの原因となってしまうので注意します。こまめにシャワーを浴びて低刺激のデオドラントソープで洗うのも効果があるようです。いろいろ自分に合った方法を試して見つけるのがおすすめです。

女性らしさ倍増 ハリのあるエレガントな胸を目指そう

8ハリのある美しいエレガントな胸は女性なら憧れますよね。胸の美しい女性はやはり女性としても輝かしいもの。そこでバストのケアについて解説します。

・バストはサイズに合った下着を

乳腺はクーパー靭帯という繊維状の組織が支える事で形を維持しています。しかし、年齢を重ねたり繰り返して与えられる振動でだんだんと靭帯が伸びてしまいます。そうなると胸が下がってきます。クーパー靭帯を伸ばさないように気をつけなくてはなりません。日頃から自分のバストのサイズに合った補整力があるブラジャーをつけて若々しいバストラインを守っていきましょう。ノーブラで歩くとクーパー靭帯に負荷がかかります。胸が垂れ下がる原因になります。スポーツをする人であればその時もスポーツ用ブラを使いましょう。また、女性はダイエットをする人が多いですが、急激にダイエットするとエストロゲンを減らしてバストダウンさせますから気をつけおきましょう。デコルテは知らないうちに衣類の上から日焼けしている事が多いです。日焼け止め化粧品だけでは不十分なのでストールなどでのUVケアをしましょう。さらにプラスするならビタミンC誘導体配合の化粧水でのケアをする。ビタミンC誘導体は抗酸化作用があるのでシミやニキビを防いでくれます。同時にコラーゲンを増やす働きで、肌のしわやたるみを予防できてハリを与える効果も期待できます。魅力的な胸は女性の美しさを倍増しますよね。美しい女性らしい体を目指してがんばりましょう。

他人事ではない 老人性色素斑の原因と予防

5シミは種類があるのをご存知ですか?シミと言われるものの中で一番多いのは老人性色素斑です。ここでは誰もが体験する可能性がある老人性色素斑について解説します。

・老人性色素斑の特徴

 別名で日光性黒子とよばれています。いわゆる日焼けの積み重ねでできるシミです。急にできたように感じる事もありますが、これは直前の日焼けでできたものであるとは限りません。紫外線による肌ダメージが少しずつ肌の奥の方に蓄積をして、コップの水があふれるように、シミとなって出現してきます。40歳前後になって急にシミが増えたと感じる人もいるでしょうが、それはこのためでしょう。場所は頬骨の高い位置からできる事が多く数mmから数cmの丸っこい色素斑である事が多いといわれています。でき始めには薄い茶色をしていて、次第に濃くはっきりとしてくるのが特徴です。何年も経つうちに隆起してくる事があり、脂漏性角化症に発展する可能性もあります。

・予防方法

 予防は毎日のUVケアにつきるといってもいいでしょう。外出時にはパウダーファンデーションを塗ってレジャーなどで紫外線の多い場所へ行くのなら日焼け止め化粧品とパウダーファンデーションのダブルを使いUVケアに十分気をつけましょう。

・化粧品でのケアは

 ごく初期のうっすらしたものには、美白化粧品が効果的です。ただ、定着してしまっていては皮膚の構造自体に変化が起こっていますから美白化粧品で消す事は不可能です。老人性色素斑は最も多くの人がなるシミです。肌にシミができるのを見ると気分が落ち込みますよね。そうならないように普段からの予防を心掛けていきましょう。

 

アフターケアがないと脂肪吸引は成功しない?

Young woman with cellulite
Young woman with cellulite
クリニックや美容外科で脂肪吸引をすると、施術だけ終われば完了ではありません。しっかりした対応をしているクリニックなら、きちんとアフターケアも提供しているのではないでしょうか?

脂肪吸引をすると中の脂肪は無理に取り除かれたのと同じことですから、一種のケガのような状態になります。内出血とか腫れ・痛みを感じる人もいるでしょう。

そこでクリニックではリハビリのような感覚でアフターケアを実践しています。エステのハンドトリートメントのようにマッサージをして患部の血行促進により回復を促すのも1つの方法です。

アフターケアを受けることで内側の回復も早くなりますし、脂肪吸引で傷ついた肌にデコボコを残さず滑らかにするにも欠かせないステップなのです。

定期的に通っていると術後に不安を感じても、医師や看護師に相談しやすいのもメリットでしょう。女性は精神的にもデリケートですので、サポートを受けながら様子を見たほうが回復も早くなります。

アフターケアを受けたほうがダウンタイムも短く負担が少ないといわれていますので、脂肪吸引のクリニックを探すなら、アフターケアが受けられるのかも検討する項目になります。脂肪吸引にアフターケアの料金が含まれているのか、オプション扱いなのかをチェックするようにしましょう。

人によって回復までの期間は違いますが、長くても3ヶ月くらいアフターケアを受けたほうが安心だといわれています。

脂肪吸引の基礎の基礎知識

2セルライトを初めとした脂肪の厚み・多さに悩んでいると、手っ取り早く解決するのに脂肪吸引に興味を持つのではないでしょうか?

脂肪吸引といっても、手術に近いものですので十分な知識がないと怖いと思います。

今は皮下脂肪を減らすのに他の方法も出ていますが、基本知識として脂肪吸引の方法を知っていると考えやすくなるでしょう。

クリニックや美容外科で医師と相談するところから始まります。病院は実績数の多く事故がないところから選んだほうが安心です。

どのパーツでどの程度の脂肪を吸引するのか、また、問診と血液検査などで安全性を確認して話を進めていきます。

当日はあらかじめ決めていた術式で脂肪吸引を実施します。中には痛みや腫れを感じる人もいますので、必要な薬を処方されます。施術時間は1時間前後になるケースが多く、入院にはなりませんが、身体が慣れるためのダウンタイムが必要になるといわれています。

脂肪吸引をした場所や料にもよりますが1週間程度は身体を休められるスケジュールを検討しておくと良いですね。ダウンタイムが終わるまでは入浴できないケースもありますので、医師と相談して普通の生活ができるまでの期間も確認しましょう。

病院では一度に吸引していい脂肪の量なども考えてくれますが、皮膚にたるみが出る場合もあるので後で困らない脂肪吸引量を考えるようにしてください。皮膚のたるみが目立つと、他の手術や施術での改善が必要になることもあります。

セルライトを解消するより予防したほうが自分のため

困る女性セルライトは女性にありがちなむくみを解消しないまま、長期間放置するとできるといわれています。

デスクワークだけでなく立ち仕事でも足のむくみがでて、特に太もものセルライトは誰にでもありそうな感じがしますね。

むくみ解消の方法やグッズはたくさん紹介されているのに、毎日の忙しさに紛れて後回しになっていませんか?

セルライトを発見するのは自分でもできます。ちなみに太ももならヒップの下当たりの肉を両手で前に寄せるようにすると、オレンジの皮のように小さな凹みがポツポツと見える部分があるでしょう。

せっかく見つけたのだし自分でセルフケアしておけば大丈夫!というのが難しいことなのです。ハンドケアでセルライトを解消しようとすると、エステティシャンにしてもらっても激痛に耐えられなくなる人が多いですね。自分で自分にできるケアではないでしょう。

EMSとかラジオ波などセルライトに対して効果のあるマシンでセルフケアする方法もありますが、相性の良いものが見つからないと悩んでいる人も多いのです。

その人の体質・生活習慣などで最適なセルライト撃退方法が微妙に変わるので、エステサロンでもかなりの費用と時間をかけないとセルライトの解消ができない人もいます。

それならできたセルライトをなくすより、初めからできにくいように努力したほうがムダなお金もかかりません。

むくみ対策のセルフケアを徹底的に試して、セルライトができない工夫から始めましょう。

セルライトができる理由と対処法

3セルライトというのはお腹、お尻、太ももなどに見られる、でこぼこした脂肪の塊のことです。なぜセルライトができるかというと、皮下脂肪が増えることで血管やリンパ管を圧迫し、血液やリンパ液の流れが悪くなると必要な栄養は届かず、老廃物が排出されずにたまります。これが続くとでこぼこになってしまうのです。

セルライトができる一番の原因は冷えです。体が冷えると新陳代謝が悪くなり、老廃物がたまります。体を温め、血行をよくすることがセルライト解消につながります。入浴時はシャワーだけで済まさずにちゃんと湯船につかり、また運動不足の人は適度に体を動かすようにしましょう。夏場にはエアコンを使いすぎないことや、冷たい飲み物ばかり口にしないことも大事です。

自宅でセルライトをなくそうと思ったら、リンパマッサージが効果的です。体中に張り巡らされたリンパは老廃物を回収、排出したり、細菌を血管内に入れないなどの大切な働きを持っています。リンパ液の流れをスムースにして、老廃物を排泄しましょう。

まずお風呂上りの体が温まっている状態で足裏をマッサージします。次に足首から鼠蹊部まで撫で上げるようにします。脚の付け根にリンパ節(リンパ管が合流して太くなっているところ)がありますので、ここに老廃物を流すようにします。セルライトができているところは、つまみ上げるようにマッサージします。

すぐに消すことは難しいですが、気長に続けることで効果があがります。

二の腕の脂肪吸引をしました!

06体型は普通体型なのですが、二の腕だけが太く長年のコンプレックスでした。

いろいろなダイエットやエステ、運動、二の腕痩せグッズなども使いましたがイマイチ効果がなく、諦めかけていたところ、たまたま美容形成外科の脂肪吸引の広告を見つけました。

キャンペーン中でモニター価格で施術が受けられるということと、二の腕の脂肪吸引は他の部位に比べ時間もかからず体に負担も少ないというとを知り思い切ってカウンセリングを受けに行くことにしました。

カウンセリングでは、手術内容の説明を受けました。肘のあたりから管を通し脂肪を吸引するという方法で、局所麻酔で済むとこのことでした。

それでも手術なんて生まれて初めてでしたので当日はかなり緊張しましたが、ドクターや看護師さんたちがとても親切に丁寧に対応してくれたので、安心して施術を受けることができました。

施術中は意識はありましたが、鎮静剤でボーッとしているような感じで不思議な感覚でいるうちに終了しました。1時間もかからなかったと思います。

少し休憩してからアフターケアについてなどの説明をしてもらい、帰宅しました。術後の痛みもそれほど強くなく、筋肉痛くらいの痛みで、傷口も本当に小さいものだったので驚きました。最近の技術はすごいです。

それから数日後内出血が起きてひどい状態になりましが、1ヶ月ほどで落ち着き、二の腕を鏡でみたら一回りほど細くなっていました。皮は残っていますが、脂肪は確かになくなっています。現在は、術後三ヶ月になりますがマッサージや軽めのエクササイズを行い、ラインを整えるように頑張っています。

なにをやっても痩せなかった二の腕は、脂肪吸引確実に痩せることができました。

脂肪吸引は、手術ですのでもちろん色々なリスクはありますが、部分痩せをしたいという方はぜひ検討してみてはいかかでしょうか。