脂肪吸引の基礎の基礎知識

2セルライトを初めとした脂肪の厚み・多さに悩んでいると、手っ取り早く解決するのに脂肪吸引に興味を持つのではないでしょうか?

脂肪吸引といっても、手術に近いものですので十分な知識がないと怖いと思います。

今は皮下脂肪を減らすのに他の方法も出ていますが、基本知識として脂肪吸引の方法を知っていると考えやすくなるでしょう。

クリニックや美容外科で医師と相談するところから始まります。病院は実績数の多く事故がないところから選んだほうが安心です。

どのパーツでどの程度の脂肪を吸引するのか、また、問診と血液検査などで安全性を確認して話を進めていきます。

当日はあらかじめ決めていた術式で脂肪吸引を実施します。中には痛みや腫れを感じる人もいますので、必要な薬を処方されます。施術時間は1時間前後になるケースが多く、入院にはなりませんが、身体が慣れるためのダウンタイムが必要になるといわれています。

脂肪吸引をした場所や料にもよりますが1週間程度は身体を休められるスケジュールを検討しておくと良いですね。ダウンタイムが終わるまでは入浴できないケースもありますので、医師と相談して普通の生活ができるまでの期間も確認しましょう。

病院では一度に吸引していい脂肪の量なども考えてくれますが、皮膚にたるみが出る場合もあるので後で困らない脂肪吸引量を考えるようにしてください。皮膚のたるみが目立つと、他の手術や施術での改善が必要になることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です