睡眠と美容の関係について

睡眠不足だと肌が荒れるという話良く聞きますが、睡眠不足は肌にどういう影響を与えるかというと、ターンオーバーの遅れ、肌の生まれ変わりが遅くなってしまいます。肌は常に生まれ変わりを続けていますが、皮膚の奥底で生まれた細胞は少しずつ表面へと移動し、最後に肌表面の角質となって、時が来ると剥がれ落ちていき、これがターンオーバーです。

健康な肌のターンオーバーは4 週間周期で行われていて、肌の奥底で生まれた細胞は4週後に剥がれ落ちていきます。毎日細胞が生まれ、また毎日剥がれ落ちているのです。毎日の生まれ変わりによって肌は若々しさを保っています。

3しかし、ターンオーバーが遅れがちになると、様々な肌老化や肌トラブル引き起こし、しわ・しみ・くすみ・くま・たるみ・乾燥 等になってしまいます。肌の若々しさを保つターンオーバー、肌が生まれ変わることが出来る時間というのは限られていて、夜寝ている時だけなのです。 細胞の分裂を促し、肌を再生する成長ホルモンは日中の活動中には分泌されず、夜、体を休めリラックスした状態で分泌されるためです。

夜 10 時〜 2 時までの 4 時間はお肌のゴールデンタイムと言われ、肌の生まれ変わりが最も活発になる時間で、この時間に寝ないで起きているということは肌の再生を自分で邪魔していることになってしまいます。10時から2時の間に睡眠をとることが美容には一番良いことです。

人は、眠りについてはじめの 3 時間に最も深く眠っているといわれて、その深い睡眠中に成長ホルモンが分泌され肌の再生が起こるので、はじめの 3 時間がお肌にとってとても大切な時間といえます。

またホルモン分泌には体内時計も影響しますので、寝る時間が不規則だったり眠りが浅かったりすると、睡眠中に分泌されるはずの成長ホルモンが十分に分泌されず、肌の生まれ変わりがうまく行われなくなってしまいます。そのため、毎日決まった時間に眠りにつくことも美容には良い事です。

弘前の脱毛サロン情報はここ
脱毛弘前の口コミ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です