セルライトができる理由と対処法

3セルライトというのはお腹、お尻、太ももなどに見られる、でこぼこした脂肪の塊のことです。なぜセルライトができるかというと、皮下脂肪が増えることで血管やリンパ管を圧迫し、血液やリンパ液の流れが悪くなると必要な栄養は届かず、老廃物が排出されずにたまります。これが続くとでこぼこになってしまうのです。

セルライトができる一番の原因は冷えです。体が冷えると新陳代謝が悪くなり、老廃物がたまります。体を温め、血行をよくすることがセルライト解消につながります。入浴時はシャワーだけで済まさずにちゃんと湯船につかり、また運動不足の人は適度に体を動かすようにしましょう。夏場にはエアコンを使いすぎないことや、冷たい飲み物ばかり口にしないことも大事です。

自宅でセルライトをなくそうと思ったら、リンパマッサージが効果的です。体中に張り巡らされたリンパは老廃物を回収、排出したり、細菌を血管内に入れないなどの大切な働きを持っています。リンパ液の流れをスムースにして、老廃物を排泄しましょう。

まずお風呂上りの体が温まっている状態で足裏をマッサージします。次に足首から鼠蹊部まで撫で上げるようにします。脚の付け根にリンパ節(リンパ管が合流して太くなっているところ)がありますので、ここに老廃物を流すようにします。セルライトができているところは、つまみ上げるようにマッサージします。

すぐに消すことは難しいですが、気長に続けることで効果があがります。

二の腕の脂肪吸引をしました!

06体型は普通体型なのですが、二の腕だけが太く長年のコンプレックスでした。

いろいろなダイエットやエステ、運動、二の腕痩せグッズなども使いましたがイマイチ効果がなく、諦めかけていたところ、たまたま美容形成外科の脂肪吸引の広告を見つけました。

キャンペーン中でモニター価格で施術が受けられるということと、二の腕の脂肪吸引は他の部位に比べ時間もかからず体に負担も少ないというとを知り思い切ってカウンセリングを受けに行くことにしました。

カウンセリングでは、手術内容の説明を受けました。肘のあたりから管を通し脂肪を吸引するという方法で、局所麻酔で済むとこのことでした。

それでも手術なんて生まれて初めてでしたので当日はかなり緊張しましたが、ドクターや看護師さんたちがとても親切に丁寧に対応してくれたので、安心して施術を受けることができました。

施術中は意識はありましたが、鎮静剤でボーッとしているような感じで不思議な感覚でいるうちに終了しました。1時間もかからなかったと思います。

少し休憩してからアフターケアについてなどの説明をしてもらい、帰宅しました。術後の痛みもそれほど強くなく、筋肉痛くらいの痛みで、傷口も本当に小さいものだったので驚きました。最近の技術はすごいです。

それから数日後内出血が起きてひどい状態になりましが、1ヶ月ほどで落ち着き、二の腕を鏡でみたら一回りほど細くなっていました。皮は残っていますが、脂肪は確かになくなっています。現在は、術後三ヶ月になりますがマッサージや軽めのエクササイズを行い、ラインを整えるように頑張っています。

なにをやっても痩せなかった二の腕は、脂肪吸引確実に痩せることができました。

脂肪吸引は、手術ですのでもちろん色々なリスクはありますが、部分痩せをしたいという方はぜひ検討してみてはいかかでしょうか。