アフターケアがないと脂肪吸引は成功しない?

Young woman with cellulite
Young woman with cellulite
クリニックや美容外科で脂肪吸引をすると、施術だけ終われば完了ではありません。しっかりした対応をしているクリニックなら、きちんとアフターケアも提供しているのではないでしょうか?

脂肪吸引をすると中の脂肪は無理に取り除かれたのと同じことですから、一種のケガのような状態になります。内出血とか腫れ・痛みを感じる人もいるでしょう。

そこでクリニックではリハビリのような感覚でアフターケアを実践しています。エステのハンドトリートメントのようにマッサージをして患部の血行促進により回復を促すのも1つの方法です。

アフターケアを受けることで内側の回復も早くなりますし、脂肪吸引で傷ついた肌にデコボコを残さず滑らかにするにも欠かせないステップなのです。

定期的に通っていると術後に不安を感じても、医師や看護師に相談しやすいのもメリットでしょう。女性は精神的にもデリケートですので、サポートを受けながら様子を見たほうが回復も早くなります。

アフターケアを受けたほうがダウンタイムも短く負担が少ないといわれていますので、脂肪吸引のクリニックを探すなら、アフターケアが受けられるのかも検討する項目になります。脂肪吸引にアフターケアの料金が含まれているのか、オプション扱いなのかをチェックするようにしましょう。

人によって回復までの期間は違いますが、長くても3ヶ月くらいアフターケアを受けたほうが安心だといわれています。

脂肪吸引の基礎の基礎知識

2セルライトを初めとした脂肪の厚み・多さに悩んでいると、手っ取り早く解決するのに脂肪吸引に興味を持つのではないでしょうか?

脂肪吸引といっても、手術に近いものですので十分な知識がないと怖いと思います。

今は皮下脂肪を減らすのに他の方法も出ていますが、基本知識として脂肪吸引の方法を知っていると考えやすくなるでしょう。

クリニックや美容外科で医師と相談するところから始まります。病院は実績数の多く事故がないところから選んだほうが安心です。

どのパーツでどの程度の脂肪を吸引するのか、また、問診と血液検査などで安全性を確認して話を進めていきます。

当日はあらかじめ決めていた術式で脂肪吸引を実施します。中には痛みや腫れを感じる人もいますので、必要な薬を処方されます。施術時間は1時間前後になるケースが多く、入院にはなりませんが、身体が慣れるためのダウンタイムが必要になるといわれています。

脂肪吸引をした場所や料にもよりますが1週間程度は身体を休められるスケジュールを検討しておくと良いですね。ダウンタイムが終わるまでは入浴できないケースもありますので、医師と相談して普通の生活ができるまでの期間も確認しましょう。

病院では一度に吸引していい脂肪の量なども考えてくれますが、皮膚にたるみが出る場合もあるので後で困らない脂肪吸引量を考えるようにしてください。皮膚のたるみが目立つと、他の手術や施術での改善が必要になることもあります。

セルライトを解消するより予防したほうが自分のため

困る女性セルライトは女性にありがちなむくみを解消しないまま、長期間放置するとできるといわれています。

デスクワークだけでなく立ち仕事でも足のむくみがでて、特に太もものセルライトは誰にでもありそうな感じがしますね。

むくみ解消の方法やグッズはたくさん紹介されているのに、毎日の忙しさに紛れて後回しになっていませんか?

セルライトを発見するのは自分でもできます。ちなみに太ももならヒップの下当たりの肉を両手で前に寄せるようにすると、オレンジの皮のように小さな凹みがポツポツと見える部分があるでしょう。

せっかく見つけたのだし自分でセルフケアしておけば大丈夫!というのが難しいことなのです。ハンドケアでセルライトを解消しようとすると、エステティシャンにしてもらっても激痛に耐えられなくなる人が多いですね。自分で自分にできるケアではないでしょう。

EMSとかラジオ波などセルライトに対して効果のあるマシンでセルフケアする方法もありますが、相性の良いものが見つからないと悩んでいる人も多いのです。

その人の体質・生活習慣などで最適なセルライト撃退方法が微妙に変わるので、エステサロンでもかなりの費用と時間をかけないとセルライトの解消ができない人もいます。

それならできたセルライトをなくすより、初めからできにくいように努力したほうがムダなお金もかかりません。

むくみ対策のセルフケアを徹底的に試して、セルライトができない工夫から始めましょう。